【THE MODS】
    『THE MODS TOUR 2017
    "ONE SHOT DEAL"』
    2017年10月9日 at 豊洲PIT

     THE MODSがスタートさせたツアー『THE MODS TOUR 2017 "ONE SHOT DEAL"』の東京公演。タイトルの“ONE SHOT DEAL”が意味する、一発勝負、一撃必殺、1回限り…その言葉通り、バンドの潔さであり、変わらない姿勢をひしひしと実感した。また、そこには“次がある”という考えは持たず、“今が全て”という想いが含まれていることもうかがい知れる。

     リリース作品を引っ提げてのツアーではないからこそのセトリが、ある意味でTHE MODSらしく、一曲一曲が彼らの生き様を物語っていた。この日も絶大な起爆力を発揮した《変えられない このスタイル》と歌う「壊れたエンジン」をはじめ、“みんなの歌です”と披露された《世界が笑っても 俺達は曲げなかった》と歌う「STAY CRAZY」など、どんな状況下でも、どれだけ年齢を重ねようとも、自分が信じるものを諦めないスピリッツを綴ったナンバーが胸を震わせる。以前に知り合いのバンドマンが“俺、THE MODSのライヴを観るといつも泣いてしまうんですよ”と言っていたことをふと思い出したが、きっと拳を突き上げ、大声で歌っているフロアーの連中も同じだろう。楽曲に込められている生き様は、シチュエーションは違えども観客たちの“リアル=日常”でもあるのだ。

     また、中盤には森山達也(Vo&Gu)がブルーのエドワードジャケットを羽織って、ロカビリーやバップを下地にしたR&Rでフロアーを踊らせるピスーフルなダンスタイムも用意されていたが、本公演での特筆すべきは“リアル=時代”なブロック。「いつの日か…Doomsday War」「UNDER THE GUN ~市街戦~」等を歌い終わったあと、森山は“トランプとミサイル大好きな彼奴に届けばいいけどね”と言っていたし、“チキンレースの世の中に!”と言い放ったあとには最強の爆弾を会場に投下した。かつては“レベルソング”や“プロテストソング”とも言われていたのに、恋愛ソングや応援歌ばかり歌うようになったロックやパンク。それを否定はしないが、今の時代に鳴らすべきものを忘れていないか? THE MODSは変わらないスタイルでリアルなロックを鳴らし続けている。

    撮影:齋藤ユーリ/取材:石田博嗣


    セットリスト

    1. 現在ツアー中のため、セットリストの公表を控えさせていただきます。
    THE MODS プロフィール

    ザ・モッズ:1981年にアルバム『FIGHT R FLIGHT』でメジャーデビュー。以来、時代に流されることなく、音楽に対する真摯な姿勢を貫き、ファンのみならず多くのアーティストたちにも多大な影響を与え続けてきた。技術や理屈だけでは作り出せないバンド然とした強靭なサウンドと、リーダーである森山の類稀なる歌唱力とカリスマ性が最大の魅力である。 THE MODS オフィシャルHP