2017年12月29日 at 日本武道館

    2017年12月29日 at 日本武道館

    【BUCK-TICK ライヴレポート】
    『THE DAY IN QUESTION 2017』
    2017年12月29日 at 日本武道館

    2017年12月29日 at 日本武道館
    2017年12月29日 at 日本武道館
    2017年12月29日 at 日本武道館
    2017年12月29日 at 日本武道館
    2017年12月29日 at 日本武道館
    2017年12月29日 at 日本武道館
    2017年12月29日 at 日本武道館
    2017年12月29日 at 日本武道館
     2001年から毎年行なわれている、もはや年末の風物詩と言ってよいBUCK-TICKのコンサート『THE DAY IN QUESTION』。例年のことだが、本公演はステージ演出も素晴らしい。特に今回は光の演出が目を惹いた。楽曲ごと、時に白く、時に赤く、ある時はパープル、ある時はピンク。会場全体を派手に照らしたかと思えば、ステージにピンスポだけというシャープなコントラストを見せる照明があったりと、とにかく美しいコンサートだったことは特筆しておくべきだと思う。

     セットリストはベスト盤リリース時に行なわれたファン投票で1位を獲得した「ノクターン- Rain Song-」や、「ILLUSION」「MY EYES & YOUR EYES」といったメジャーデビューアルバム収録曲の他、80年代、00年代の楽曲も演奏されて、デビュー30周年のアニバーサリーイヤーに相応しい内容。インダストリアル、デジロックもあれば、シアトリカルなゴシックロックあり、シンプルなアコースティックセットでのサウンドあり…といった具合に、この30年余り、彼らがいかにひとつのジャンルにとらわれていなかったかが分かる構成であった。そんなバラエティー豊かな楽曲群をひと晩2時間超のステージで披露して、それがしっかりとBUCK-TICKというひとつのカテゴリーに収まっているというのは、その30年余り、バンドが弛まなく活動を続けてきた何よりの証明だし、不動のメンバーで魂の赴くままに創作し続けてきた結果であろう。

     2回のアンコールはそれぞれ「愛の葬列」「NEW WORLD - beginning -」という、現時点での最新オリジナルアルバムである『アトム 未来派 No.9』収録曲で締め括られたのだが、そこに現役アーティストとしての矜持を見た気がする。また、本公演終了後、2月21日にシングル「Moon さよならを教えて」、3月14日にアルバム『No.0』のリリース、レコ発の全国ツアー、さらには2018年12月29日の日本武道館公演の開催も発表された。周年はあくまでも節目であり、ショーは続いていくと念押しされたコンサートでもあった。

    撮影:田中聖太郎写真事務所/取材:帆苅智之


    セットリスト

    1. 1.独壇場Beauty -R.I.P.-
    2. 2.ICONOCLASM
    3. 3.ANGELIC CONVERSATION
    4. 4.THE SEASIDE STORY
    5. 5.ORIENTAL LOVE STORY
    6. 6.スピード
    7. 7.LOVE PARADE
    8. 8.ノクターン~Rain Song~
    9. 9.サファイア
    10. 10.BABEL
    11. 11.BOY septem peccata mortalia
    12. 12.Coyote
    13. 13.絶界
    14. 14.Memento mori
    15. 15.COSMOS
    16. <ENCORE1>
    17. 1.MACHINE -Remodel-
    18. 2.無題
    19. 3.愛の葬列
    20. <ENCORE2>
    21. 1.ILLUSION
    22. 2.MY EYES & YOUR EYES
    23. 3.Alice in Wonder Underground
    24. 4.NEW WORLD -biggining-
    BUCK-TICK プロフィール

    バクチク:1987年にメジャーデビューを果たし、以降メンバーチェンジすることなく、日本のロックシーンの第一線で活躍し続ける。不動であり孤高であるその姿は、後続するアーティスト達にも多大な影響を及ぼしてきた。89年にリリースされた3rdアルバム『TABOO』でチャート第一位を獲得、デビュー後わずか2年の間に日本武道館、東京ドームと席巻し、名実共にトップアーティストの仲間入りを果たす。その後も独特なポップセンスとダークな世界観を深く掘り下げていく一方で常にその時代の先鋭的な要素を積極的に取り入れ、まさにBUCK-TICKでしか成し得ない独自の音楽性を提示しながらも、今なお進化し続けている。BUCK-TICK オフィシャルHP