2018年1月28日 at 横浜アリーナ

    2018年1月28日 at 横浜アリーナ

    【Dragon Ash ライヴレポート】
    『Dragonash Live Tour
    MAJESTIC Final』
    2018年1月28日 at 横浜アリーナ

    2018年1月28日 at 横浜アリーナ
    2018年1月28日 at 横浜アリーナ
    2018年1月28日 at 横浜アリーナ
    2018年1月28日 at 横浜アリーナ
    2018年1月28日 at 横浜アリーナ
    2018年1月28日 at 横浜アリーナ
    2018年1月28日 at 横浜アリーナ
    2018年1月28日 at 横浜アリーナ
    2018年1月28日 at 横浜アリーナ
    2018年1月28日 at 横浜アリーナ
     場内に「Majestic」が鳴り響き、メンバーたちの姿がライトで照らされた瞬間、客席の全エリアから起った歓声が凄まじかった。そして、「Stardust」へ突入するや否や圧倒的な熱気で染まった横浜アリーナ。バンドと観客が完璧に一体化した空間が生まれていた。

     アルバム『MAJESTIC』の収録曲が連発された他、THE MAD CAPSULE MARKETSのカバー「Pulse」も飛び出し、クラウドサーフが沸き起こり続けた会場の風景が美しかった。「百合の咲く場所で」の途中でKj(Vo&Gu)が口にした“お前らがいたらライヴハウスみたいなもんだな!”という言葉は、あの瞬間に心底実感したことなのだと思う。そして、「Fantasista」がスタートする直前の“20年、ロックバンドをやってて、今の時代が一番カッコ良いバンドが多いと思ってる”という彼のMCからは、刺激的なシーンを築き上げた張本人としての誇りと喜びがうかがわれた。

     アンコールで「Viva la revolution」を披露した直後の桜井誠(Dr)の言葉も印象的だった。“1999年に、ここ(横浜アリーナ)でライヴをやりました。俺、今、38歳。ダブルスコアですよ。こんなに愛されて、続けられると思ってなかった”。そして、「Drugs can’t kill teens」「繋がりSUNSET」「Curtain Call」も届けられて迎えたエンディング。デビュー20周年を経て一層強靭となったDragon Ashの雄姿を清々しい余韻が包んでいた。

    撮影:shimboyuki、mao Yamamoto、michitogoto、TAKAHIRO TAKINAMI/取材:田中 大


    セットリスト

    1. 1.Stardust
    2. 2.Mix it Up
    3. 3.Pulse
    4. 4.光りの街
    5. 5.Ode to Joy
    6. 6.Singin' in the Rain
    7. 7.Walk with Dreams
    8. 8.TIME OF YOUR LIFE
    9. 9.Circle
    10. 10.Headbang
    11. 11.Faceless
    12. 12.The Live
    13. 13.Beside You
    14. 14.静かな日々の階段を
    15. 15.Jump
    16. 16.百合の咲く場所で
    17. 17.Fantasista
    18. 18.Lily
    19. 19.A Hundred Emotions
    20. <ENCORE>
    21. 1.Viva la revolution
    22. 2.Drugs can't kill teens
    23. 3.繋がりSUNSET
    24. 4.Curtain Call
    Dragon Ash プロフィール

    ドラゴン・アッシュ:1997年、Kj、IKUZONE、桜井誠の3人でデビュー。その後、BOTS、HIROKI、ATSUSHI、DRI-Vが加入し7人編成になるも、12年にオリジナルメンバーのIKUZONEが急逝。13年、現在のメンバー6人で再び前進することを決意する。今アルバムよりKenKenがレコーディングに全面参加。デビュー時よりあらゆるジャンルを驚異的なスピードで横断し、Dragon Ashとしか表現しようのない音を鳴らし続けている。Dragon Ash オフィシャルHP