L→R 福永浩平(Vo)、是永亮祐(Ba)、大澤実音穂(Dr)、山崎康介(Gu)

    L→R 福永浩平(Vo)、是永亮祐(Ba)、大澤実音穂(Dr)、山崎康介(Gu)

    【雨のパレード インタビュー】
    エレクトロや
    インディーR&Bは一要素?
    多角的なバンドサウンドが持つ
    深みと鋭さ

    高いスキルを誇る生楽器とエレクトロの融合で、海外のシーンとシンクロする音楽をポップに消化してきた雨パレ。だが、そんなイメージすらいい意味で一蹴するタフな新作アルバム『Reason of Black Color』が完成。ひと筋縄でいかない、このバンドのメカニズムとは?

    前アルバム『Change your pops』以降、バンドに大きな変化はあったんでしょうか?

    福永
    僕たちの中ではそんなに大きな変化があったという認識はないです。去年のシングル「Shoes」はノスタルジックなものを意識して作った一曲で、あの時すでに肩の力を抜いて作れたなと思っていて。それがいろんな方向で肩の力を抜いて、自分たちの中にあったいろんな色をより濃く表現できるきっかけにはなったのかなと思ってはいますね。

    肩の力が抜けた理由としては?

    福永
    いわゆるギターロック界隈のバンドたちとライヴをして、熱量の大事さをすごく学んだんですけど、自分たちにそれが100パーセント合ってるのかというと、やっぱ違ったのかなと思って。楽曲的な表現、音での表現、ライヴでのいろんな楽器でのパフォーマンスとか、そういったもののほうが自分たちには合ってるなと。もちろんどっちかに振るってわけではなく、いいバランスで徐々に自分たちのスタイルが固まってきてるのかなとは思います。

    基本的なことですが、雨のパレードの曲作りの手法はどんなものなんですか?

    福永
    だいたいはセッションから作り上げていくって感じです。例えば僕がサビのメロディーとコード進行を持って行って、それをスタジオでみんなに聴いてもらって、アレンジや音色、曲の構成はどうする?…みたいな感じですね。

    すごく緻密なイメージがあるので意外ですが。

    福永
    でも、セッションとは言ったものの緻密にやってますね。
    山崎
    セッションで大枠を作って、なんとなくイメージを共有して、そこから細かく仕上げていくって感じですね。
    福永
    ひとりがDAWで打ち込んでデモを作るっていうパターンのバンドも多いですけど、うちはそれぞれのプレーヤーが楽器のことを理解してるし、引き出しがあるんで、こっちのほうがいいと思ってやってますね。

    確かに。例えば今回は大澤さんのドラムの生感が出てる曲が多いし、プレイヤビリティーを感じます。

    大澤
    今回はかなりサウンドに引っ張られて出てきた感じもあったりしますね。それぞれ曲調も違うんで、ほんとに楽しくて。ローランドのパッドだけで叩いてるのもあったり、「You&I」みたいに3拍子でバックに徹してる曲もあるし。

    楽曲が多角的なアルバムですが、実際ここに収録された以上に曲はあったんですか?

    福永
    デモを含めると3倍はありましたね。かなり厳選した14曲が収録されています。

    印象的な曲についてうかがっていきたいのですが、まずはオープニングのタイトルチューンに驚きました。

    福永
    ノイズだらけだし(笑)。“とにかく攻めたのを作りたいよね”という気持ちは自分たちの中にあって。その中で好奇心にまみれて作り上げた音色たちです。作った自分たちの深さを出せるような一曲かなと思うし、レコーディングもかなり好奇心に満ちあふれてました。

    「ice」は最近のトレンドにも近い16ビートの曲ではありますが、“愉快なファンク”じゃないですね。

    福永
    そうですね。クールな曲にしたいなとは思ってて。
    是永
    ツアーでフレーズを固めずに自由に弾くことを学んだんですけど、今回の中でも一番はまったのがこの曲かなと。
    山崎
    でも、日本語が乗るとは思ってなかった(笑)。
    福永
    俺も思わなかった(笑)。仮歌はいつも英語っぽい感じで入れてるんですよ。で、いざ書くと“なんか、だっせー英語だな”と思って。日本語で試してみたら意外とはまりまして(笑)。

    「Hometown feat. Tabuzombie(from SOIL&“PIMP”SESSIONS)」はハードボイルドな仕上がりで。

    福永
    タブ(Tabuzombieの愛称)さん、地元の先輩で同郷なんですよ。で、タブさんのラジオに出た時、俺が小さい頃に通ってた本屋さんがあるんですけど、そこがタブさんの実家だと判明して。

    そんなことあるんですね。

    福永
    共演したいとはずっと言われてたんで、“どんな曲なら呼べるかな?”と思っていて、今回はいろんな曲を作ったし、タブさんのソロを乗せたら絶対にカッコ良いよなっていう曲があったんで来ていただきました。

    じゃあ、ふたりにとっての“ホームタウン”なんですね。

    福永
    はい。歌詞も鹿児島をイメージして書きました。

    「Horizon」はギターが前面に出てますね。

    福永
    歪んだギターって、うちなかなかやってなかったんで。
    山崎
    回線的には男の直結ですね(笑)。

    「H.Apartment」の歌とアコギのテクも新鮮で。

    福永
    この曲はずっと住んでた家を引っ越すことになって、お世話になったし、“この家に書いてやろう!”と思って(笑)。で、家でマイクを立てて録りました。
    山崎
    俺がアコギを弾いて、向かい合ってね(笑)。

    全ての曲のレコーディングにストーリーがありますね。

    福永
    なので、ほんとに1曲ずつ聴いてほしいです。

    ラストの「MARCH」の《もし何か変えられるとしたら ただこの瞬間だけのような気がしてる》という歌詞の意味が気になりました。

    福永
    この曲は卒業ソングとして書こうって想いがあったんで、“卒業ってどうだ? 何か変わったか?”と思って。物理的に生活は変わるかもしれないけど、その人自身の何かがが変わるのかって言ったら変わらないと思うし、変えるのは自分次第だと思うんです。そういうところに気付く一曲になればいいかなと思って書きました。

    雨のパレードって日本の音楽を変えていくって明言してきたバンドですけど、その意思はそのままにもっとタフになったのが、このアルバムなのかなと。

    福永
    作るのがほんとに楽しかったし、そういう意味でも確かにタフになってる感はありますね。

    取材:石角友香

    雨のパレード プロフィール

    アメノパレード:2013 年に結成。ポストダブステップ、80's、インディーR&B、エレクトロハウス、アンビエント、TRAPなど、さまざまなジャンルを超えたその音楽性はもちろん、アナログシンセやサンプラー、ドラムマシーンなどを取り入れた、バンドという形態にこだわらないサウンドメイクで大きな注目を集めている。16年3月に1stフルアルバム『New generation』でメジャーデビューを果たした。雨のパレード オフィシャルHP

    L→R 福永浩平(Vo)、是永亮祐(Ba)、大澤実音穂(Dr)、山崎康介(Gu)
    アルバム『Reason of Black Color』【初回生産限定盤(DVD付)】
    アルバム『Reason of Black Color』【通常盤】