中村繪里子

    中村繪里子

    中村繪里子、
    ラジオをテーマにした蝶々P、ぐるたみんプロデュースの新曲を配信中

    『THE IDOLM@STER』シリーズの天海春香役で知られる声優・中村繪里子がパーソナリティを務めるラジオ番組「中村繪里子 キラとき☆」の新OP曲と新ED曲をそれぞれデジタルシングルとしてリリース。プロデュース陣にはネット音楽シーンのカリスマ・ぐるたみんと、蝶々P(一之瀬ユウ)を迎え、両曲ともポップなメロディーに仕上がっているが、この2曲がラジオユーザーから強い注目を集めている。

    ラジオ離れが進んでいると言われている昨今のラジオ業界において、全国どこでもネットで気軽に聴けるサービスはラジオユーザーを増加させている。しかし、それでも‟ラジオ黄金時代”の栄華には遠く及ばないのが現状だ。映像媒体に比べて、ラジオは‟声”と‟音楽”と‟情報”が全ての世界。声優の中村は商売道具の‟声”をフル活用させて、多数のレギュラー番組を抱えているが、その中でも「中村繪里子 キラとき☆」は中村本人の他愛もない日常トークとリスナーからのお便りで構成される昔ながらの番組構成スタイルを取り、根強い人気を博している。その番組の在り方に賛同した2アーティストが番組リニューアルに伴ってテーマ曲に自らの想いを乗せて楽曲を制作することを決めた。彼らもまた‟歌”と‟楽曲”だけでシーンを駆け上がってきたアーティストである為、中村のスタイルに共感するところもあったのだろう。

    蝶々Pの「約束の場所まで」は‟放送=約束の場所”に例え、毎週放送を楽しみにしているリスナーに対して‟また今週も無事、お会いできましたね。”というラジオだからこそ毎週必ず届けられる楽しみの一つであるという意味合いを込めた。一方、ぐるたみんの「そんな素敵な夜だから」は《独りの部屋に 誰かがいた》というフレーズから分かるように、‟誰か=ラジオの先にいるパーソナリティ・リスナー”を比喩して、深夜に一人で聞いているラジオは実は一人ではなく、双方向の関係値であることを訴えた。どちらの楽曲も深夜ラジオを楽しむ時の独特の雰囲気を著した名曲として、多くのリスナーの間で話題を呼んでいる。中村本人も‟ラジオを通して広がっていったときに、誰かの応援歌となってほしい。ラジオ以外でもみんなを支えるものになれたら幸せです”と両曲への想いを語った。

    ラジオ発信で書き下ろされた2曲は、番組の垣根を超えてラジオを中心にプロモーションを行なっている。ラジオの‟今”と‟魅力”を考えされられる、中村繪里子の新曲に注目だ。

    【コメント】

    ■蝶々P(一之瀬ユウ) コメント
    「テーマ曲を制作させて頂くにあたり、一番意識したことは‟ラジオを聴いている方々に笑顔になってもらえる、喜んでもらえる楽曲にしよう”という事でした。毎週この時間にラジオを聴いたらみんなが繋がれる、そんな素敵な場所の幕開けの曲になってくれたら良いなという想いから「約束の場所まで」という曲名をつけました。沢山聴いて頂けたら幸いです。」

    ■ぐるたみん コメント
    「「そんな素敵な夜だから」は、テーマソングとして書かせていただいた楽曲ですが、僕の生放送などでのリスナーさんとの繋がりも意識して作った楽曲でもあります。一方は声を届けて、もう一方は聞く。‟ラジオ”というツールを挟んではいるけど、一緒に同じ空間にいるんだって思える。それってすごく素敵だなって感じたことが、この曲を書こうと思ったきっかけです。みなさんの素敵な夜に寄り添える楽曲であったらうれしいです!」 
    配信楽曲「そんな素敵な夜だから」配信中 ※3月13日(火)より、各ストア・スブスクリプションにて配信予定

    ラジオ番組「中村繪里子 キラとき☆」

    放送日時: 毎週火曜24:30~25:00(MUSIC BIRD)
    ※お近くのコミュニティFM局でのネット配信を行っています。
    またはパソコン・スマートフォンの方はサイマルラジオでお聴きいただけます。
    番組HP http://www.kiratoki.com

    中村繪里子
    ぐるたみん
    [蝶々P(papiyon)/一之瀬ユウ
    配信楽曲「約束の場所まで」
    配信楽曲「そんな素敵な夜だから」