2018年3月4日 at 両国国技館

    2018年3月4日 at 両国国技館

    【BiS ライヴレポート】
    『BiS 2nd BEGiNNiNG TOUR FiNAL
    WHO KiLLED IDOL??』
    2018年3月4日 at 両国国技館

    2018年3月4日 at 両国国技館
    2018年3月4日 at 両国国技館
    2018年3月4日 at 両国国技館
    2018年3月4日 at 両国国技館
    2018年3月4日 at 両国国技館
    2018年3月4日 at 両国国技館
    2018年3月4日 at 両国国技館
    2018年3月4日 at 両国国技館
    2018年3月4日 at 両国国技館
    2018年3月4日 at 両国国技館
     1月からスタートした東名阪ツアー『BiS 2nd BEGiNNiNG TOUR』のファイナル公演。BiSとGANG PARADE間で行なわれていたレンタルトレードの終了、プー・ルイの卒業を観客は熱い歓声を送りながら噛み締めていた。ともに過ごした仲間たちの別れ、新しい日々の始まりが刻まれたステージの模様をレポートする。

     BiSの“リーダー兼ヨゴレ担当”として愛されてきたプー・ルイの卒業公演は、“レンタルトレード終了の儀”からスタート。アヤ・エイトプリンスがGANG PARADEとして最後に歌うことを選んだ「Beyond the Mountain」のパフォーマンスを終えてステージ袖へ向かう際、BiSからGANG PARADEに戻って「FOUL」を歌う直前のカミヤサキとハイタッチ&固い握手を交わしている場面が印象的だった。

     そして、アヤのいる7人体制となったBiSのライヴは、2016年の同グループ再始動の幕開けを飾った「BiSBiS」からスタート。この体制のBiSが間もなく終わることを悲しむよりも、全力で楽しもうとするムードで会場が満たされていくのを感じた。

     最初は頼りなかったメンバーたちが頼もしくなったと語ったプー・ルイ。“私だけが2014年に取り残されてました。BiSは私の人生の一番の汚点であり誇りです。今日はBiSと私の闘いに自分の手で決着を付けてやろうと思います”という言葉を添えた本編ラストの曲「BiS」を歌い終えて、キメポーズとともに浮かべた彼女の笑顔は、とても胸打たれるものがあった。

     “BiSはいつだって最高でした。でも、私たちが最高の最高の最高の最高のBiSを作ります。私たちがBiSです!”、ペリ・ウブが6人となったBiSを代表して挨拶。そして、彼女たちの第一歩となったのはメジャーデビュー曲「WHOLE LOTTA LOVE」。新しい何かが始まったことを感じられる、とても潔くて力強いパフォーマンスだった。

    撮影:sotobayashi kenta/取材:田中 大


    セットリスト

    1. 1.BiSBiS
    2. 2.Give me your love 全部
    3. 3.nerve
    4. 4.My Ixxx
    5. 5.レリビ
    6. 6.CHANGE the WORLD
    7. 7.IDOL
    8. 8.SOCiALiSM
    9. 9.太陽のじゅもん
    10. 10.ロミオの心臓
    11. 11.NOT the END
    12. 12.Never Starting Song
    13. 13.SAY YES
    14. 14.I can't say NO!!!!!!!
    15. 15.明日が来るなら
    16. 16.Not Special
    17. 17.Human after all
    18. 18.primal.
    19. 19.gives
    20. 20.BiS
    21. <ENCORE>
    22. WHOLE LOTTA LOVE
    BiS プロフィール

    日本の女性アイドルグループ。つばさレコーズ(つばさプラス)所属。2016年以降、WACKがプロデュースを担当、マネージメントもつばさプラスとWACKとの共同となっている。オフィシャルHP