L→R 謙信、永玖、颯斗

    L→R 謙信、永玖、颯斗

    【さとり少年団 インタビュー】
    未来への想いを描いた2ndシングル

    待望の2ndシングル「WE/GO」が完成! ロックサウンドと前向きな歌詞がひとつになった表題曲をはじめ、各タイプに収録されているカップリング曲についても3人に語ってもらった。

    3月に初ワンマンライヴが開催されましたが、手応えとしてはいかがでしたか?

    颯斗
    ずっとワンマンライヴを目標にしていたので、嬉しかったです! すごく緊張しましたけど。
    永玖
    背中をバンバン叩き合って気合いを入れ合って出ました(笑)。
    謙信
    テンションが上がりすぎて立ち位置を間違えてしまったり、終始はしゃいでましたね(笑)。
    颯斗
    生バンドと一緒にやらせてもらったので、パフォーマンスも普段とかなり違っていて楽しかったですね。もちろん、反省点はたくさんありますけど。

    そして、5月9日に2ndシングル「WE/GO」がリリースされるわけですが、今回はロックですね!

    颯斗
    そうなんですよ! 1stシングルの「ヘルプ ユー」とは全然違っていたので、最初に聴いた時は“えっ、これは俺らの曲なの!?”って(笑)。ロックサウンドで踊るのは初めてだったんですけど、ダイナミックなパフォーマンスができると思います。歌詞もすごくいいんですよ。
    謙信
    “これから頑張っていくぞ!”という意気込みを真っ直ぐに描いた、熱い曲になってます!
    颯斗
    そうなんですよ。《I just going my way やるしかないんだぜ》って、強い気持ちを歌っていて。
    永玖
    《神様は見てる そんな気がしている いつか いつか 届く×叶う》という歌詞も好きですね。
    謙信
    《巨大なヘリコプター 動かすイメージで》という表現も印象的でした。

    実際、3人で“これから頑張っていこう!”という話をすることもあるんですか?

    颯斗
    ありますね。3月のワンマンを準備している時もそうだし、この2ndシングルのリリースイベントのリハーサルの時もそうだったんですけど、“この先どうやって進んでいくかをもっと考えなくちゃいけない”という気持ちが強くなってて。だから、3人で話す機会も多くなっているんです。
    永玖
    今までは3人の間にちょっとだけ壁があった気がしていたんですけど、ここ最近は言いたいことを言えるようになってきているし、“頑張っていこう!”という話もしっかりできています。
    謙信
    独特な関係だと思うんですよ、この3人は。もともと住んでる場所も学校も違うけど、さとり少年団としての活動をしていて。血はつながっていないけど、家族みたいな感覚なんですよね。

    シングルのTYPE-Aに収録されている「Stay Alive」ですが、切なくて力強いメロディーが印象的なミディアムバラードですね。

    永玖
    いい曲ですよね! この曲はファンのみんなに対する想いを歌っているんです。さとり少年団がこれから大きくなるにつれて、“遠くに行ってしまった”と思う方もいるかもしれないけど、どんなことがあっても僕らの気持ちは変わらないし、“信じて付いてきてください!”ということを伝えたくて。
    謙信
    うん。ファンのみんなあっての僕たちですからね。あと、この曲は僕と颯斗がコーラスをやっているんですよ。
    颯斗
    ダンスしながら歌うのがすごく難しくて…。永玖はやっぱりすごいなと思いましたね。
    永玖
    いやいや、そんな(笑)。

    TYPE-Bに収録されている「WE ARE SBC 2018」は、メンバー3人の自己紹介ソングで。

    颯斗
    ライヴでも盛り上がれるし、自分たちをより知ってもらえる曲ですね。例えば永玖のパートは僕と謙信から見た永玖のことが書かれていて、《天然噛み噛み伝わらなーい》っていう(笑)。
    永玖
    ライヴのMCとかでも、ほんとによく噛むんですよ(笑)。しっかり伝えられるように頑張りたいです!
    謙信
    僕のパートには《ほんのちょっぴりナルシスト?》という歌詞があるんですけど、全然気にしてません! そこよりも《東京かぶれの名古屋出身》のほうが…。今は東京に住んでますけど、名古屋愛はずっと持ってるので!
    颯斗
    謙信、最初の頃は虫取り少年みたいな恰好でリハに来てたんですよ。最近は古着屋さんで買ったお洒落な服を着てたり、東京にかぶれてるなって(笑)。

    颯斗くんは《誰もが認めるダンスマスター》と。

    颯斗
    嬉しいです!(笑)
    謙信
    颯斗はダンスリーダーですからね。新曲の振り付けも覚えるのが一番早いし、“ここはこうしたほうがいい”って仕切ってくれたりとか。
    颯斗
    “パッ!とやって”とか擬態語が多いけどね(笑)。
    謙信
    大丈夫! ちゃんと伝わってるから(笑)。

    そして、TYPE-Cにはギターロックチューン「パラダイムシフト」が収録されていて。

    永玖
    《「未来は世界は いつでも過酷だ」》という歌詞があるんですけど、競争の厳しい場所にいても“大丈夫。いけるでしょ”って前向きにやってる感じなんですよね、この曲は。
    謙信
    《大人がマボロシ見せるけど 未来の世界に 生きるのは誰だ》という歌詞も好きです。どんなに過酷であってもやるのは僕らですからね。いろんなことに挑戦しないといけないなって。

    期待してます! ちなみに挑戦したいことは?

    颯斗
    ダンスと歌、パフォーマンス力では負けたくないと思っていて。技術的なことも必要なだけど、今は“熱さが足りない”と感じています。ライヴでももっと感情を表に出して、ファンのみんなと盛り上がりたいですね。
    謙信
    いろんなアーティストさんと共演できるイベントにも出たいです。すごく勉強になるし、僕らのことをもっと多くの方に知ってほしいなって。
    永玖
    2ndシングルのリリースイベントでいろんなところに行けるのも嬉しくて。たくさんの方にパフォーマンスを観てもらって、“さとり少年団はすごい”と思ってもらえるように頑張ります!

    取材:森 朋之

    さとり少年団 プロフィール

    サトリショウネンダン:スターダストプロモーション所属の若手男性アーティスト集団EBiDAN(恵比寿学園男子部)の永玖、謙信、颯斗からなる3人組ダンス&ヴォーカルユニット。デビュー前から毎月ストリートライヴを重ね、実力派グループとしての基礎を築く。そんな2年間のストリートライヴ武者修業を経て、17年11月にシングル「ヘルプ ユー」でデビューを果たした!さとり少年団 オフィシャルHP

    L→R 謙信、永玖、颯斗
    永玖
    颯斗
    謙信
    シングル「WE/GO」【TYPE-A】
    シングル「WE/GO」【TYPE-B】
    シングル「WE/GO」【TYPE-C】