L→R 三輪幸宏(Dr)、内田旭彦(Ba&Cho&Prog)、森 彩乃(Vo&Key)

    L→R 三輪幸宏(Dr)、内田旭彦(Ba&Cho&Prog)、森 彩乃(Vo&Key)

    【クアイフ インタビュー】
    言葉がちゃんと
    心に届く曲こそポップ!

    待望のメジャー1stアルバム『POP is YOURS』がリリースとなった。シングル曲「愛を教えてくれた君へ」「ワタシフルデイズ」を経て、3人はどんな変化を遂げたのか? クアイフが想い至ったポップの定義とは?

    久々のフルアルバム、どんな作品になりましたか?

    内田
    以前から“ポップ”という言葉を追求してきて、ようやく見えてきた感じです。世の中へ放った瞬間にリスナーが“これ、私のための曲だ!”と思えるもの、そうやってつながれる音楽がポップの定義なんじゃないかって。メロディーと歌詞はその意識が強いですね。ただ、自分たちが楽しむことや音楽ファンのツボを突くことも大事で、微妙なバランスで成り立つ良さを探ってる。そんな想いで作った一枚です。
    自然と変わっていったよね。
    三輪
    うん。1stミニアルバムの『organism』の頃は歌を立たせるためにドラムをとにかくシンプルにしてたけど、2ndミニアルバムの『Life is Wonderful』でバランスが良くなった気がするんです。Bメロでオケを前に出して歌が少し引っ込んだ結果、サビが活きるとか。今はそういうのも増えて。
    そうそう。テクニカルな面を抑えるんじゃなくて、曲に対する理解度が深まった感じ。

    メジャーデビュー発表からリリースまで長く時間をかけたのも、ポップを追求するため、自分たちがやるべきことをはっきりさせるためだったのかもしれない?

    内田
    はい。歌詞カードを見る人も少なくなったり、J-POPの存在自体がマイノリティーに感じたり。そんな中で僕らが日本語で歌う意味を考えたら、しっかり言葉として伝わるものを作りたくなったんです。基準は街で流れてても歌詞の意味をキャッチしてもらえること。松本隆さんとかが現れて以降、日本語で歌う音楽とリスナーとの結び付きって、時を経ても変わってないと思ってて。自分はそういう音楽に救われてきたから、その可能性を信じたいんですよね。
    ロックとかパンクとかジャンルの話じゃなくて、曲を誰かに聴いてもらった時にちゃんと心に届くものが、クアイフとしてのポップ。今はそう思ってますね。
    内田
    いつの時代もみんな孤独なんだとも思うし。SNSのある日常って誰かが近くにいるようで実はそうでもない。そんな深い孤独を救える曲を作りたいんです。

    時代によって変わらないポップの核を見つけた感じですね。

    内田
    逆に、アレンジは時代性って出るから。「さよならライアー」ではEDM/フューチャーベースっぽいシンセを入れたり、クラビネットでワウギターな響きにしたり、こういうの超わくわくしちゃうんですよ!
    三輪
    「さよならライアー」はスネアの上にヘッドだけ置いて、“ダズッ”という音で叩く感じとかは上手くはまりました。黒人のめちゃめちゃマッチョなスキンヘッドのおじさんかな(笑)。ゴスペルチョップスみたいな人が軽く叩いてるのを想像して。
    激しいドラムを得意としてきたけど、今回すごく成長したと思うよ(笑)。ストレートすぎる曲は意外にないよね。

    「I love ME!」「EverBlue」のキラキラしたアレンジとか、かなり攻めてて新しいクアイフだなと。

    今は自然にできるんですよ。でも、「EverBlue」は結構、凛として歌ってるんです。たぶんキャピキャピするのがストレートなんだけど、《私を楽しませて》が100パーセントじゃないというか、しっかり自分の意志があった上で《ドキドキしたい》が本音だから。「Polaris」も歌い上げる感じじゃなく、淡々と歌ったほうが伝わる曲だなと思えて、押し付けがましくしたくなかった。歌い方や声色は合うものがすんなり出せるようになってますね。

    全体的に縛りをなくした印象です。

    確かに内向きな曲も恋愛の曲もあって、しかもこれまでにも増していろんな曲調でやれてる。「I love ME!」で《自由自在》って歌ってるんですけど、アルバムを作る中で“私たちって自由自在だな!”とすごく思ってました(笑)。

    《大事なことはアイラブミー!》って正面切って言えるのがポップだなぁと思いました。KANさんの「愛は勝つ」に近いニュアンスで。

    内田
    タイトルにしてて、サビの頭でも歌ってて、もう念押しの念押し(笑)。
    単に“自分大好き! 超ハッピー”じゃなくて、いろんな葛藤があるけど、だからこそ自分を愛してあげないと何も始まらないよっていう。音楽もそうで、私たちが作った曲を私たちが愛してないと誰かになんて伝わらないですよね。
    内田
    最終的には誰かを愛したいんです。そのために《大事なことはアイラブミー!》ってこと。

    それって「愛を教えてくれた君へ」を作ったことで芽生えた感情ですか?

    あぁ、まさにそうですね!
    内田
    「愛を教えてくれた君へ」は僕らにもいろんなことを教えてくれた曲なんです。これまでのクアイフって宇宙から地球を見下ろす感覚で日常を切り取ってたなとか。だけど、今は自分もコンクリートの上にいて、より人の心の奥を探ろうとしてます。例えば“君が好きだ”っていうメッセージが日常にどれだけあるかを考えると、それは好きな人が居てアツアツの状態だったり…。
    森&三輪
    “アツアツ”!
    内田
    昭和っぽい? まぁ、いいじゃん(笑)。アツアツの時はさておき、近くで眺めてみたら“でも、前の恋人も忘れられないや”とか“でも、将来は不安だなぁ”とか、実際はいろんな気持ちが混ざり合っての“君が好きだ”なんですよ。そういう曖昧な感情をメロディーやアレンジを通して明確にして届けたい。それが音楽をやる意味、人の気持ちに訴えかけることなのかなって。
    三輪
    視点が変わってきてるよね。一方で、言葉遊びの効いたいい軽さも増えたと思う。「こだまして」の《傲慢だな ごまんといる》とか。
    内田
    これもなかったタイプの曲だよね。基本的にループなんだけど、メロディーや言葉、声色で変化していく対比表現が新しいと思います。憂鬱を声に出したものの、行き場がなくて響き渡ってるイメージ。

    ちなみにアートワークのイメージは?

    自分たちがマネキンになってて、バーコードがある商品みたいなテーマで。“クアイフのポップソングは届いた瞬間にあなたのものですよ!”って感じにしました。
    内田
    僕の中では黄色と言えばYMOの『SOLID STATE SURVIVOR』。世界に向けてポップスの意味を変えたアルバムだと思ってて、日本のポップスを象徴してる色な気もするんです。

    取材:田山雄士

    クアイフ プロフィール

    クアイフ:2012年3月、音大クラシックピアノ科出身で数々のピアノコンクール受賞歴のある森 彩乃を中心に結成。14年3月に1stフルアルバム『クアイフ』、15年6月に1stミニアルバム『organism』をリリースし、それぞれのリリースライヴをソールドアウトさせるなど躍進。16年12月に発表した1st EP『snow traveler』はUSEN HITインディーズチャート ウィークリー1位を獲得し、17年11月にシングル「愛を教えてくれた君へ」でメジャーデビューを果たした。地元名古屋のJリーグクラブ名古屋グランパスのオフィシャルサポートソングを2016シーズンから担当し絶大な支持を得ている。クアイフ オフィシャルHP

    L→R 三輪幸宏(Dr)、内田旭彦(Ba&Cho&Prog)、森 彩乃(Vo&Key)
    アルバム『POP is YOURS』【初回生産限定盤(DVD付)】
    アルバム『POP is YOURS』【通常盤】