トム・ベイリー(元トンプソン・ツインズ)

    トム・ベイリー(元トンプソン・ツインズ)

    トム・ベイリー、
    35年以上のキャリアで
    初のソロアルバム世界同時発売

    元トンプソン・ツインズのトム・ベイリーが完全復活! 35年以上に及ぶキャリアの中で初となる待望のソロアルバムが遂に完成し、7月13日に全世界同時発売となる。

    80年代に第2次ブリティッシュ・インヴェイジョンの代表的バンドとして、デュラン・デュランやカルチャー・クラブ等に共に世界的大ヒットと生みだしたトンプソン・ツインズ。「イン・ザ・ネーム・オブ・ラブ」「ホールド・ミー・ナウ」「レイ・ユア・ハンズ」等々の数多くのヒット曲を生み出し、日本でもマクセルカセットテープのCMに出演し、その存在はお茶の間レベルにまで浸透していた。バンドはその後、バブル(Babble)と改名して数枚のアルバムを発表したが、96年以降は事実上の解散状態となっていた。

    フロントマンのトム・ベイリーは、その後はプロデュサーとして主に裏方でダブやワールドミュージック等の音楽に携わってきたが、2014年より“トンプソン・ツインズ トム・ベイリー"名義でポップ・シーンに復活を果たし日本でも来日公演を行った。

    そんなトムが満を持して発表する、35年以上に及ぶキャリアの中でも初となる待望のソロアルバム。トムのポップ・ミュージック・アルバムは、バブルとしてリリースした1996年のアルバム「Ether」以来、22年ぶりとなる。「サイエンス・フィクション」と題されたそのアルバムは、トンプソン・ツインズ時代より大半のソングライティングを手掛けていたトムの才能が全く枯渇していない事を証明する大傑作となった。80年代初頭に大きなムーブメントを巻き起こしたニューロマンティック時代を彷彿させるエレクトロ・ポップもあれば、年相応に重ねた深みも合わさったバラードもある、まさに彼のキャリアの総決算的な内容だ。また、日本盤のみボーナス・トラックとして3曲のダブ・ヴァージョンが追加収録される。
    アルバム『SCIENCE FICTION』2018年7月13日発売
      • HYCA-3073/¥2400+税
      • <収録曲>
      • 1.Science Fiction
      • 2.What Kind Of World
      • 3.Shooting Star
      • 4.Feels Like Love To Me
      • 5 Blue
      • 6.If You Need Someone
      • 7.Ship Of Fools
      • 8.Work All Day
      • 9.Bring Back Yesterday
      • 10. Come So Far
      • ※日本盤ボーナス・トラック
      • 11.Science Fiction (International Observer Vocal Dub Mix)
      • 12.Come So Far (Dubstyle)
      • 13.Blue (No Hands Dub)
    トム・ベイリー(元トンプソン・ツインズ)
    アルバム『サイエンス・フィクション』