L→R HARUKI、HAYATO、MIZUKI、DAICHI、JINTO

    L→R HARUKI、HAYATO、MIZUKI、DAICHI、JINTO

    【BLACK M!LK インタビュー】
    ワイルドにセクシーにーー
    赤と黒に染まった
    もうひとつのM!LK見参!

    昨年4月のM!LKの全国ツアー最終日に突如登場した突然変異ユニット・BLACK M!LK。以降、事あるごとにM!LKのライヴに押しかけ、なんとアルバム『THE LOCK』の発売&東阪Zeppライヴまで決定したという。世界を赤く染める危険な彼らについて、M!LKの5人が他己(?)紹介。

    “赤”をコンセプトカラーに掲げ、攻撃的で力強い音楽性とダイナミックなダンスで魅せるBLACK M!LKは、白のイメージの強いM!LKとは真逆のユニットですよね。最初に登場してきた時はどう思いました?

    佐野
    衝撃でしたね。“こいつら喧嘩売ってんのかな”って。
    塩﨑
    僕たちと顔も似てるし、今はもう公式ライバル的な感じです!
    板垣
    僕ら自身にも“もっとカッコ良い音楽をやってみたい”という想いがあって。だから、自由にやりたいことをやっていて…例えばM!LKだったら5人のハーモニーを大切にしているところ、BLACK M!LKでは個人技メインというか。だからM!LKとは真逆のこともできるんです。

    つまり、BLACK M!LKはM!LKのみなさんにとって、もうひとりの自分でもある?

    吉田
    そうですね。僕たちがブラックコーヒーを飲むと覚醒して、BLACK M!LKになるみたいです。
    板垣
    つまり、自分が最大の敵ってことですね。ダンスもひとりひとりが力強いダンスをカッコ良くやっているから、すごく活き活きと輝いて見えるんですよ。
    山﨑
    M!LKはかわいい曲や盛り上げる曲、しっとりしたバラードが多いんですけど、BLACK M!LKはビートにはまったらカッコ良いダンスチューンがメインなんです。
    塩﨑
    「Don’t look back」のサビとか力強いし、カッコ良いし、音に動きがはまるとすごく気持ち良い!

    5人で歌い踊るM!LKに対して、HAYATOさんとMIZUKIさんのふたりが歌、HARUKIさん、JINTOさん、DAICHIさんの3人がダンスと完全分業になっているのもBLACK M!LKの大きな特徴ですよね。

    吉田
    だから、ガラッと雰囲気が違うんですよ。それぞれが歌とダンスに専念できるから、よりクオリティーの高いものが観せられる。その分、“ファンと一緒に楽しむ”というよりは“魅せる”パフォーマンスで、個々がより実力やスキルを磨かなきゃいけなくて。振り的にも筋肉を使って魅せる男らしいダンスなんで、やってる側としては楽しいんですけど。
    山﨑
    歌ってるふたりも力強くて、すごく“男!”って感じがする。そのへんは僕にはできないことだなぁって。
    塩﨑
    M!LKだと笑顔で歌ってるのが、例えば新曲の「MUKATSUKI」ではふたりがシャウトしたりするんですよ。なんかパワーがすごいなって感じがします。
    佐野
    “カッコ良い”に振り切って「MUKATSUKI」は感情で歌いました。世の中に対する不満を書いてるし、個人的にも好きな曲調なんで。
    吉田
    MV撮影でも物を壊したり、頭を床におさえ付けられたり、今までにやったことのなかったことをいっぱいやりました!

    “THE LOCK”というアルバムのタイトルにも、“社会的に抑圧された負の部分からの解放”という意味合いが込められているそうですからね。

    吉田
    あとは、海外のアルカトラズとかの監獄島が“THE LOCK”って呼ばれていたらしくて。要するに、そこに入ってるくらい危険な奴らだぜってことです(笑)。だから、ライヴのあとにやるFirst Contact会もフェンス越しなんですよ。
    板垣
    M!LKとはひと味違う感じで、しっかり触れ合えないけど、下手したら指を噛まれるかも?(笑)

    なんとバイオレンスな(笑)。

    塩﨑
    あと、CDの曲順にもちゃんとストーリーがあるんです。ある日、牛乳ばっかり飲んでいた少年5人が“「More」牛乳はいい!”ってコーヒーを飲みました。それでBLACK M!LKになったと思いきや、やっぱり牛乳なんじゃね?って思ったり。ホワイトとブラック、どっちへも振り切れない自分に「MUKATSUKI」を感じて、「HYBRID」って叫んで。ホワイトに戻ろうかなと思った時期もあったけど、やっぱり「Don’t look back」。突き進んで今までのホワイトな僕たちに「Bye Bye」して、これからはブラックでお前たちの心を「Charge」してやるぜ!っていう。
    板垣
    別に上手くない。
    全員
    (笑)。

    そんな6曲を引っ提げてのZepp公演はどうなってしまうんでしょう?

    塩﨑
    ライヴタイトルが“RED SIGNAL BATTLE”なんで、会場を赤く染めたいですね!
    佐野
    不安なのが「MUKATSUKI」のMV撮影をした時、ダンスシーンは最後の部分だけ撮影したんですけど結構しんどくて! みんな倒れるくらいきつかったんですよ。
    山﨑
    1曲がM!LKの3曲くらいの消耗度で、ひたすら歌ってたり、踊ってたりするから、これがずっと続くライヴはヤバいですね。しかも、大阪も東京も1日2回公演だし。
    佐野
    M!LKのワンマンの時みたいなお芝居もMCもほとんどないしね。歌とパフォーマンスでしっかり伝えたいな。
    吉田
    ただ、M!LKでは観せられない表情でM!LKとの差を付けたいっていう気持ちは強いので、やっぱり自然と気合は入りますよ。

    白地に黒の模様があってこその牛ですからね。混ざって全身グレーになったら違う。

    塩﨑
    そうですね。白があっての黒だし。だから、BLACK M!LKは忘れかけた頃にやってくる存在なんです。
    山﨑
    僕はこんなに踊りだけに集中することも滅多にないので、ひとつひとつを大切にして観に来てくれたら嬉しいですね。
    板垣
    パフォーマンスはめちゃめちゃすごいですから。BLACK M!LKでは行くところまで黒くなってやりますよ。

    取材:清水素子

    BLACK M!LK プロフィール

    ブラックミルク:板垣瑞生、佐野勇斗、塩﨑太智、山﨑悠稀、吉田仁人からなる業界大注目の5人組ヴォーカルダンスユニット“M!LK”の突然変異グループ。“社会的に抑圧された負の部分からの解放”という意味を込めて銘打った1stアルバム『THE LOCK』を6月13日にリリース。リリース後には大阪、東京にてBLACK M!LK初の単独公演『RED SIGNAL BATTLE 東阪 in W BLACK』を開催する。BLACK M!LK オフィシャルHP
    M!LK オフィシャルHP

    L→R HARUKI、HAYATO、MIZUKI、DAICHI、JINTO
    アルバム『THE LOCK』