L→R たなしん(Ba&Cho)、渡邊幸一(Gu&Cho)、金廣真悟(Vo&Gu)、ペギ(Dr&Cho)

    L→R たなしん(Ba&Cho)、渡邊幸一(Gu&Cho)、金廣真悟(Vo&Gu)、ペギ(Dr&Cho)

    【グッドモーニングアメリカ
    インタビュー】
    みんなの声を取り入れた
    ベストアルバム

    10周年を迎えたグッドモーニングアメリカがファン投票によるベストアルバム『the BEST HIT GMA』をリリース! バンドのキャリアが刻み込まれた本作を軸にしながら、メンバー全員に現在のグドモについて語ってもらった。

    10周年を記念したベスト盤『the BEST HIT GMA』がリリースされますが、選曲はファンの投票をもとにしているそうですね。

    渡邊
    いろいろな人たちに支えられてきたバンドだと思っているので。2015年の日本武道館ライヴの時も『みんなで作ろうグドモ武道館』という企画をやってもらったし、10周年のタイミングでもみんなの声を取り入れたベストアルバムを作りたいと思って、こういうかたちになりました。
    金廣
    自分たちで選んだらシングルやアルバムのリード曲が多くなると思うんですけど、ライヴではそれ以外の曲が人気だったりもして。リクエストの上位に入っているのも、ライヴの時の肌感で“これが人気なんだな”と感じていた曲が多かったですね。
    ペギ
    コアな曲が多いマニアックなベストになるかなと思ってたんですけど、シングルやリード曲もしっかり票を取っていて、バランスのいいアルバムになりましたね。代官山UNITでリクエストの上位曲だけのライヴ(5月8日に行なわれた『GMAオールスター感謝祭』)をやったんですけど、過去最高と言っていいぐらいにブチ上がってました。
    金廣
    そうだね(笑)。
    たなしん
    ライヴもすごく盛り上がったし、ベストの収録曲が決まった時は気持ちを込めて選んでくれたんだなということが伝わってきましたね。みんなのエネルギーが感じられるベスト盤だと思います。

    ベストには新曲「Darwin’s Train」も収録されていますが。

    金廣
    新しい曲は入れたかったんですよね。以前は聴いてたけど、最近はあんまり聴いてないっていう人にも“今はこんな感じなのか”と思ってほしかったし、今のグドモが感じられる曲があったほうがいいなと。去年に出したアルバム『502号室のシリウス』に入ってる「風と鳴いて融けてゆけ」を録ってる時に、すごくしっくりくる感じがあったんですよ。すごくポップで、だけど歌詞は痛いままで“これがグドモの良さだよな”と実感できたいうか。その時の自分たちが好きなものをそのまま出した感じの曲だったんだけど、アルバムのツアーを回る中で、よりシンプルでライヴで盛り上がれるような曲が欲しいと思って。それをかたちにしたのが「Darwin’s Train」ですね。
    渡邊
    代官山UNITのライヴで初めてやったんですけど、この先、ライヴで盛り上がる曲になると思います。次のツアーでも軸になるってくるんじゃないかな。
    ペギ
    個人的にはインディーズの頃の雰囲気に似てると思っていて。活動を続けていく中で、シンプルにしようと思っていても結局は凝ってしまってたんですよ。それはそれでいいと思うんだけど、ときどき“ちょっと分かりづらい”とか“ノリにくい”と言われることもあって。でも、「Darwin’s Train」は本当にシンプル。料理で言うとチャーハンですね。ひと口食べた瞬間にガツンとくるというか。
    渡邊
    その例え話、必要?(笑)

    (笑)。でも、シンプルだからこそ、本当に腕が問われるのでは?

    ペギ
    うん、まさにそうだと思います。
    たなしん
    僕はもともと難しいことができないので(笑)、ペギとは感覚が違うかもしれないですね。ただ、最近YouTubeを始めて、その中でいろんな楽器にチャレンジしているんですけど、ベースに関しても自分らしい表現に落とし込めるようになってきたと思います。

    あと、グドモの前身バンドであるfor better, for worseのベストアルバム『COMPLETE BEST』も同時リリースされますね。

    渡邊
    前身バンドのベストもいつか出せたらいいなという話は以前からあって。自分たちにとっては青春時代だし、もちろん曲も好きですからね。ファンの人たちには“前はこんなことやってたんだ?”という感じで聴いてもらえたらなと。
    金廣
    グドモは“開いていく、届けていく”というテーマで活動してきたんですが、for better, for worseは自分たちの好きなことだけをやっていたバンドで。この前、一夜限りの復活ライヴをやったんですけど、当時の自分に戻ったような感じがありましたね。技術は上がってるし、音も良くなっているので、しっかり再現できたんじゃないかなって。まぁ、大人の遊びですね(笑)。

    10周年だからこそ実現できた企画ですよね。ちなみに、この10年の活動の中で“あの出来事を乗り越えたのは大きかった!”と思えることは?

    金廣
    僕は『空ばかり見ていた』(2010年発表の1stミニアルバム)につながる時期ですね。それまでお客さんが全然いなかったんですよ。いい曲をやってる確信はあったけど、どうすればお客さんが増えるか分からず、右往左往していて。その頃に今の事務所のボスが僕らに就いてくれて、曲や歌詞、ライヴのやり方について話すようになったんです。メンバー以外の人の意見を取り入れようと思える自分になれたことが、今のグドモにつながっているのかなと。“自分たちだけ”ではなく、ちょっとだけ窓を開けられたことが大きかったんだと思います。
    渡邊
    毎年いろんなことがあるんですけど、強いて挙げるとしたら日本武道館のライヴですね。“次はどうしていくか?”と考えたし、バンドを見つめ直すきっかけになったので。
    ペギ
    グドモに入る前まではずっと上半身裸で、ロン毛で、黒髪でドラムを叩いていたんですけど、たなしんも上半身裸だから“ペギは服を着ようか”ということになったんですね。良い意味で自分のポリシーを捨てられたのは良かったのかなと(笑)。
    たなしん
    僕は逆に上半身裸、短パン、サングラスというキャラクターを受け入れたことですね。今は普段の生活もずっとこういう感じなので(笑)。

    取材:森 朋之

    グッドモーニングアメリカ プロフィール

    グッドモーニングアメリカ:ギターロック、メロコアなどを融合した音楽性、圧倒的なライヴパフォーマンスによって急激に注目度を高め、13年5月に発表したメジャーデビュー作でもある1stフルアルバム『未来へのスパイラル』がオリコンチャート11位を記録。14年には2ndアルバム『inトーキョーシティ』、15年には3rdアルバム『グッドモーニングアメリカ』を発表し、同年11月には初の日本武道館公演を成功させた。グッドモーニングアメリカ オフィシャルHP

    L→R たなしん(Ba&Cho)、渡邊幸一(Gu& Cho)、金廣真悟(Vo&Gu)、ペギ(Dr&Cho)
    アルバム『the BEST HIT GMA』【初回盤(DVD付)】
    アルバム『the BEST HIT GMA』【通常盤】
    アルバム『COMPLETE BEST』